「2020年5・6月分 議決権行使結果およびスチュワードシップ活動の概況」を掲載いたしました。

2020/08/28


当社は、責任ある機関投資家として適切にスチュワードシップ責任を果たすため、2014年5月に「『責任ある機関投資家』の 諸原則≪日本版スチュワードシップ・コード≫」の受入れを表明し、取組方針を公表しております。
今般、2020年5月から6月に開催された株主総会における議決権行使結果ならびに2019年度のスチュワードシップ活動の概況および自己評価を取りまとめましたので、お知らせいたします。
今年度より、「議決権行使結果の個別開示」については、2020年4月~6月開催銘柄を対象としており、今後は四半期ごとに開示を行う予定としております。また、「議決権行使の判断基準」の開示を行いましたので、あわせてご覧ください。

「2020年5・6月分 議決権行使結果およびスチュワードシップ活動の概況」は  こちら 
「2020年4月~6月分 議決権行使結果の個別開示」は  こちら 
「議決権行使の判断基準」は こちら
「過去の議決権行使結果」は  こちら 
「日本版スチュワードシップ・コードに対する取組方針」は  こちら 



ご投資にかかる手数料等およびリスクについて
当社のホームページに記載の商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等には価格の変動等による損失を生じるおそれがあります。各ページに掲載された各商品等へのご投資にかかる手数料等およびリスク・その他留意点については、当サイトの該当商品等の交付目論見書またはお客様向け資料などが掲載されたページに記載されておりますので、当該ページをお開きいただき、よくお読み下さい。